So-net無料ブログ作成

山田洋次監督も読んでたようです。 [漱石先生]

51XpoK+w0PL__AA160_.jpg写真はこころの表紙です。
ここにも漱石先生が
さる9月2日に舞台「夢・草枕」観賞しました。約二時間の間「非人情の世界」に浸りました。ところで、今熊日新聞に連載中の小説三四郎を読んでいくうちに、映画「男はつらいよ」第16作葛飾立志篇のある1シーンが頭に浮かびました。とらやに下宿する、御前様の姪の礼子の師匠で、大学の考古学の教授田所先生の振る舞いが、三四郎に出てくる広田先生に重なるからです。
田所教授が、とらやの座敷で団子、煙草の煙、お茶の順で口に入れるのを見て、寅さんから「煙草と団子は別々にしないと、煙草食って団子吸っちゃうぞ」とたしなめられる仕草などは、三四郎が上京時の列車で隣り合わせた中学の先生と「鑑定」した髭を生やした男と「同種」の、高校教師の広田が青木堂というカフェか食堂での、「茶を飲んでは、煙草を吸い、煙草を吸っては茶を飲んで、じっと正面を見ていた・・」というくだりがよく似ていると思います。小説三四郎の中で、今後、広田先生がどんな振る舞いをするか、楽しみにしています。
 漱石先生はいろんなところで生きているのですね。